Organic Cotton

biollne / yarn

Taj Mahal Ultra Soft

タージマハール ウルトラリアルソフト

Special Feature

「タージマハールウルトラリアルソフト」は、繊度が細く繊細な超長綿 DCH-32 を極甘撚りに仕上げた糸です。
高級綿スビンのようなしなやかな風合いで、真っ白に輝くタージマハールのような光沢感を持ちます。
インドで育ち手間かけたオーガニック手摘み綿のやさしさが感じられます。

History

インド北部アグラにある純白に輝く総大理石造りの霊廟「タージマハール」。ムガール帝国の5代皇帝シャー・ジャハーンが 22 年の歳月をかけて、愛する妻ムムターズ・マハルの記憶を永遠に留めるために建造した世にも壮大な“愛の記念碑”です。
インド半島の南側、タミールナドゥ州コインバトール。ここでは繊細な超長綿「DCH-32」が栽培されています。
インドの栽培は 1000 年以上も続く伝統的な手法で、牛を神聖なものとして大切に扱うインドでは、牛糞も土づくりのための肥料になります。
害虫を駆除するための防虫剤も数種類の薬草を使った手作りのものを使用します。
また、収穫方法も十分に成熟したものをひとつひとつ厳選しながら手摘みで収穫するため、綿は繊維に傷をつけることがなく、紡いだ時に品質の良い糸になります。

History

インド北部アグラにある純白に輝く総大理石造りの霊廟「タージマハール」。ムガール帝国の5代皇帝シャー・ジャハーンが 22 年の歳月をかけて、愛する妻ムムターズ・マハルの記憶を永遠に留めるために建造した世にも壮大な“愛の記念碑”です。
インドの栽培は 1000 年以上も続く伝統的な手法で、牛を神聖なものとして大切に扱うインドでは、牛糞も土づくりのための肥料になります。
害虫を駆除するための防虫剤も数種類の薬草を使った手作りのものを使用します。
また、収穫方法も十分に成熟したものをひとつひとつ厳選しながら手摘みで収穫するため、綿は繊維に傷をつけることがなく、紡いだ時に品質の良い糸になります。

About Organic Cotton

オーガニックコットンとは、3年間農薬や化学肥料を使用せず栽培された農地にて、栽培に使われる農薬・肥料の厳格な基準を守って育てられた綿花のことです。
オーガニックコットンは、紡績、織り、ニット、染色加工、縫製などの製造工程を経て最終製品となりますが、化学薬品の使用による健康や環境的負荷を最小限に抑え、労働の安全や児童労働など社会的規範を守って製造したものが、オーガニックコットン製品と呼ばれています。
それら規範を遵守するという点において、オーガニックコットンは人にも地球にも優しい繊維になります。

オーガニックコットンを育てる有機農地を増やしていくことは、未来にわたってコットンの生産が可能になり、地球環境を守るという重要な意義を持つことになります。
オーガニック製品を選ぶことで、何にいいのか?を理解できると、取捨選択しやすくなります。

About Organic Cotton

オーガニックコットンとは、3年間農薬や化学肥料を使用せず栽培された農地にて、栽培に使われる農薬・肥料の厳格な基準を守って育てられた綿花のことです。
オーガニックコットンは、紡績、織り、ニット、染色加工、縫製などの製造工程を経て最終製品となりますが、化学薬品の使用による健康や環境的負荷を最小限に抑え、労働の安全や児童労働など社会的規範を守って製造したものが、オーガニックコットン製品と呼ばれています。
それら規範を遵守するという点において、オーガニックコットンは人にも地球にも優しい繊維になります。

オーガニックコットンを育てる有機農地を増やしていくことは、未来にわたってコットンの生産が可能になり、地球環境を守るという重要な意義を持つことになります。
オーガニック製品を選ぶことで、何にいいのか?を理解できると、取捨選択しやすくなります。

Global Organic Textile Standard(GOTS)

オーガニックテキスタイル世界基準

オーガニックの繊維製品の基準と認証マーク。有機栽培(飼育)の原料を使用し環境と社会に配慮して加工・流通

GOTSとは、テキスタイル(繊維製品)を加工するためのオーガニック基準。
糸、生地、衣類など広い意味での繊維製品が対象。
ウールやコットン、絹などの原料繊維がオーガニックであることだけではなく、 繊維の収穫〜加工〜製造〜流通の全ての過程において環境的・社会的に配慮した方法が実行され、一般製品との混合や汚染がないように管理されていることの目印。
原料の70%以上がオーガニック繊維であること、加工がオーガニックな方法で行われている事、遺伝子組換え技術を使用しない事、水・エネルギーの使用に関して環境目標を設定している事、毒性のある薬剤を使用しない事、衛生的で安全な労働環境である事、搾取や差別のない労働条件を満たしている事、トレーサビリティー(生産履歴の追跡可能性)が確保されている事などの要求事項があり、第三者による審査・認証を受けることが求められる。

GOTS(オーガニックテキスタイル世界基準)は、代表的な国際基準策定機関によって、原料の収穫から環境に優しく社会的に責任のある製造を経て、消費者に信頼できる保証を与えるラベリングに到るまで、「繊維製品が正しくオーガニックである」という状況を確保する世界的なルールを定めるために開発されました。
オーガニック繊維の消費の成長と、オーガニックに関する統一した判定基準が必要であるとする製造業者や小売業者からの強い要望により、GOTSはすでに世界的な評価を得ています。
GOTSは、オーガニック繊維から作られた繊維製品を供給する加工業者と製造業者のために、世界の主要なマーケットに受け入れられる「オーガニックの認証」を可能にしています。
GOTSは、オーガニック繊維製品が、消費者の信頼を得るために必要な国際的な認証システムとして、世界の繊維製品生産流通の業界で認めらています。

オーガニックの繊維製品の基準と認証マーク。有機栽培(飼育)の原料を使用し環境と社会に配慮して加工・流通

GOTSとは、テキスタイル(繊維製品)を加工するためのオーガニック基準。
糸、生地、衣類など広い意味での繊維製品が対象。
ウールやコットン、絹などの原料繊維がオーガニックであることだけではなく、 繊維の収穫〜加工〜製造〜流通の全ての過程において環境的・社会的に配慮した方法が実行され、一般製品との混合や汚染がないように管理されていることの目印。

原料の70%以上がオーガニック繊維であること、加工がオーガニックな方法で行われている事、遺伝子組換え技術を使用しない事、水・エネルギーの使用に関して環境目標を設定している事、毒性のある薬剤を使用しない事、衛生的で安全な労働環境である事、搾取や差別のない労働条件を満たしている事、トレーサビリティー(生産履歴の追跡可能性)が確保されている事などの要求事項があり、第三者による審査・認証を受けることが求められる。